トラックスケールのメンテナンス

トラックスケールのメンテナンス
目次

トラックスケールにはメンテナンスが必要です

トラックスケール(台貫)の検査では、自社の1t分銅とフォークリフトを使って安全かつスピーディーに検査を行います。
検査内容については計量法に基づいた検査項目(器差検査、偏地誤差検査、繰り返し検査等)を確実に行います。

恵藤計器ではトラックスケールの検査に合わせて、様々なメンテナンスも行っています。突然のトラブルを未然に防ぐためのロードセルのグリスアップや電圧の測定、ピット内の環境を保つために溜まったゴミや汚泥の撤去、またトラックスケールの劣化を防ぐためにサビの除去や塗装作業なども行っています。

トラックスケールの検査やメンテナンスには、多くの人員と時間を費やします。
しかし、お客様にとってトラックスケールは大切な資産であり、会社を動かす要です。そんなお客様の資産を末永く使って頂くために、恵藤計器はお手伝いをさせていただきます。

関連する提供サービス

検査

検査

計量器を長くご利用いただくためには、定期的な検査が必要になります。
大型のトラックスケールから微細な質量を計測する電子天びんまで、どんなハカリの検査でもお任せください。

修理

修理

万一のトラブル時には、当社の経験豊富なサービスマンがスピーディーに対応し、生産ラインへの影響を最小限に抑えます。

目次
閉じる