JCSS校正

高い品質システムを確立していくための計測管理

恵藤計器は、国際MRA対応JCSS認定事業者に認定されました。JCSSロゴマーク付きの校正証明書は、さまざまな諸規格で要求されるトレーサビリティに対応し、短納期で提供いたします。

JCSSとは?

JCSSとは、「Japan Calibration Service System」の略称であり、計量法に基づく計量トレーサビリティ制度を表しています。

JCSSマーク

JCSSの校正事業者登録制度は当社のような校正事業者を対象とした登録制度であり、「NITE(独立行政法人 製品評価技術基盤機構)」の審査を経て登録された校正事業者は、登録を受けた計量器等の校正を行ったときには、その証(あかし)として特別な標章の入った校正証明書を発行できることとなります。

登録基準は「計量法関係法規」及び「ISO/IEC 17025の要求事項に適合しているかどうか」等であり、JCSS標章やJCSS認定シンボル付きの校正証明書は、そのマークによって日本の国家計量標準へのトレーサビリティが確保され、校正事業者が技術能力を持っていることが一目でわかるメリットがあります。

なぜJCSSが必要か

  • 品質マネジメントシステムがISO9000シリーズ、ISO/TS16949等に適合するためには、使用される天びん・はかりや使用分銅の校正値/校正結果すべてに“不確かさ”が表記され、国家標準とのトレーサビリティが証明されていることが望まれます。
  • JCSS校正事業者の発行するJCSS認定シンボル付き校正証明書を提示することで、これら法制度・要求事項に対し、計測器が国家計量標準にトレーサブルであることを証明できます。
  • 正確な計測や、計測値の信頼性をお求めならJCSS校正を推奨いたします。
ISO9001 品質マネジメントシステム
ISO14001 環境マネジメントシステム
ISO/TS16949 自動車生産及び関連サービス部品組織の品質マネジメントシステム
ISO13485 医療機器の品質マネジメントシステム
ISO22000 食品安全マネジメントシステム
GLP/GMP/GCP 医薬品、食品品質マネジメントシステム

恵藤計器株式会社JCSS校正室

当社JCSS校正室は、平成26年5月22日に国際MRA対応JCSS認定事業者に認定されました。JCSS 0314は、当JCSS校正室の認定番号です。

計量のトレーサビリティのとれた、JCSS認定シンボル付校正証明書を発行します。

恵藤計器 JCSS校正室でできること

JCSS分銅校正サービス

校正の種類
分銅
校正範囲
1 g ~ 20 kg
校正の場所
当JCSS校正室で実施します。
発行書類
JCSS認定シンボル付校正証明書・校正結果

おもりの校正は行っておりません。

OIML型円筒分銅OIML型円筒分銅

枕型分銅枕型分銅

分銅校正証明書分銅校正証明書

分銅校正結果分銅校正結果

JCSSはかり校正サービス

校正の種類
電子式非自動はかり
校正範囲
1 mg ~ 200 kg以下
校正の場所
当JCSS校正室及び現地校正(お客様のご使用場所で実施)
発行書類
JCSS認定シンボル付校正証明書・校正結果、データーシート

機械式非自動はかりの校正は行っておりません。

天びん天びん

台はかり台はかり

はかり校正証明書はかり校正証明書

はかり校正結果はかり校正結果

JCSS校正をご依頼の際は、千葉県で唯一の認定事業者(質量)である当社にぜひお声がけください。
地元であることを活かし、効率よく経済性の高いサービスをご提供します。