計量士とは

目次

「計量士」の役割

計量士とは、計量法に基づき、計量に関する専門知識を持った国家資格者です。主に事業所の計量器の整備や検査、正確な計量の実施、計量方法の改善、計量に携わる人の教育などの計量管理業務を行います。

計量士の働き場所の多くは工場をはじめ、百貨店やスーパー、工事現場などがあげられます。正確な計量が求められる場所は、すべて計量士の仕事場であると言え、貴重な存在として計量管理業務に携わっています。

また、計量管理のほかに、計量士は都道府県知事・特定市町村長が行う定期検査等を代わりに実施する、「代検査」を行うことができます。計量士が計量器の検査を行い「代検査済証印」のシールを貼付し、その旨を届け出た場合は、県の行う定期検査が免除になります。

計量士になるには

計量士の資格は、環境計量士(濃度関係)、環境計量士(騒音・振動関係)及び一般計量士 の3区分に分かれています。
それぞれの資格を取得する方法は2つあり、国家試験コース(計量士国家試験に合格し、かつ実務経験その他の条件を満たし登録)と資格認定コース(国立研究開発法人産業技術総合研究所の教習の課程を修了し、実務経験などの所定の条件を満たして計量行政審議会が認め、登録)があります。

計量士国家試験の内容は、計量関係法規や管理概論、数学や物理など多岐に渡り、合格率は約15%~20%と非常に難しい試験です。

恵藤計器には社内に4名の計量士がおり、日々業務に活躍しています。

国家試験コース
資格認定コース

関連する提供サービス

検査

検査

計量器を長くご利用いただくためには、定期的な検査が必要になります。
大型のトラックスケールから微細な質量を計測する電子天びんまで、どんなハカリの検査でもお任せください。

サポート

サポート

社内計量器・社内標準の管理に関するご不明点、計量の効率化に関するお悩みなど、ぜひご相談ください。弊社の計量器コンサルタントがアドバイスさしあげます。

目次
閉じる