「JCSS」とは

目次

「JCSS」とは

JCSSとは、Japan Calibration Service System(校正事業者登録制度)の略で、計量法第8章の規定により、計量のトレーサビリティ確保のために設立された制度です。

国際規格であるISO/IEC17025(JISQ17025)の基準を満たし、認定機関(独立行政法人 製品評価技術基盤機構 認定センター/IAJapan)により審査・登録された事業者を「JCSS登録事業者」と呼びます。
登録にはその事業者の品質システム、校正方法、不確かさの見積もり、設備等が審査され、登録事業者の技術能力及び品質システムの信頼性が保証されています。

JCSS登録事業者ができること

JCSS登録事業者は、お客様の計測器及び計量標準の校正を実施し、JCSS標章付校正証明書の発行ができます。この証明書は、その校正結果が国家計量標準へとつながっていることを公に証明しているもので、確かな「計量のトレーサビリティのしるし」と言えます。

JCSS登録事業者の中でさらに国際MRA対応認定事業者として認められると、国際的に通用するJCSS認定シンボル付校正証明書を発行することができ、米国(NVLAP、A2LA)、英国(UKAS)、ドイツ(DKD)、オーストラリア(NATA)等の機関が認定する校正証明書と同等に扱われています。

恵藤計器は、千葉県で唯一のJCSS認定校正事業者(質量)です。(2021年現在)

関連する提供サービス

JCSS校正

JCSS校正

JCSSロゴマーク付きの校正証明書はさまざまな諸規格で要求されるトレーサビリティに対応しており、当社はリーズナブルな価格・短納期で提供いたします。

目次
閉じる