はかりを使用する際の留意事項

はかりを正しくお使いいただくために、はかりを使用するうえでご留意いただきたいことをご紹介します。

目次

組立編

ACアダプタ、乾電池に関する注意点

必ず、製品に付属のACアダプタを使用するようにしてください。乾電池タイプの製品は、メーカーが指定する電池を使用いただけるようお願いします。

ACアダプタ

作業編

衝撃に関する注意点

はかりに過度な衝撃を与えないように、計るものはなるべく静かに載せるようにしてください。また、はかりは、横からの衝撃に弱い構造になっています。はかりを使用していない時に、長時間計量皿に物を載せたままにしないようにしましょう。はかりの感度に誤差が生じます。

衝撃に関する注意点

温度

温度影響に関する注意点

はかりを構成している材料・部品やセンサは、温度変化により影響を受けます。はかりは「使用温度範囲」が設定されており、特に最小表示が1mg以下の高精度の天びんでは、急激な温度変化を避けるなど、考慮する必要があります。僅かな質量変化を正確に測定するためには、室温変化に応じて感度校正を行う事が必要です。

温度影響に関する注意点

その他(風、ノイズ等)

風や振動、ノイズに関する注意点

はかりの計量値は、風や振動、ノイズ等の影響を受けます。「どうも計量値が安定しないな」と思った場合、エアコンの風や周囲の機器による振動、ノイズ発生源(インバータ等)からの隔離など、対策を取ることで改善する場合があります。

風や振動、ノイズに関する注意点

関連する提供サービス

検査

検査

計量器を長くご利用いただくためには、定期的な検査が必要になります。
大型のトラックスケールから微細な質量を計測する電子天びんまで、どんなハカリの検査でもお任せください。

サポート

サポート

社内計量器・社内標準の管理に関するご不明点、計量の効率化に関するお悩みなど、ぜひご相談ください。弊社の計量器コンサルタントがアドバイスさしあげます。

目次
閉じる