分銅に関する基礎知識

目次

分銅の形状と材質

天びん・はかりの校正には分銅を使用します。分銅にも形状、材質、用途などさまざまな違いがあります。

・形状:
枕型分銅・円筒型分銅(OIML型分銅)・大型分銅・板状分銅・増おもり型分銅など

枕型分銅
板状分銅
増おもり型

・材質:
鋳鉄製・ステンレス製・黄銅クロムメッキ製・アルミ製・洋銀製など

円筒型分銅
円筒型分銅

これらの形状や材質は、分銅の用途に見合った質量や等級などから選定していきます。

「基準分銅」と「実用基準分銅」及び分銅の等級

分銅は用途によっても区別されます。

・基準分銅(実用基準分銅):
基準分銅は、計量法に基づき、特定計量器(取引・証明用)の検定・検査に使用される分銅です。自治体の計量検定所等が基準器検査を行っています。

これに対し、実用基準分銅とは、行政に承認された適切な管理マニュアルに基づいて、事業者自らが所有する基準分銅からトレースした分銅であり、特定計量器(取引・証明用)の検定・検査の作業用分銅として、基準分銅の代わりに使用されます。これらを所有できるのはハカリの製造・修理事業者をはじめとした計量関係事業者に限られます。

基準分銅の有効期限及び校正周期

基準分銅・実用基準分銅には有効期限および校正周期が定められており、分銅の等級や材質により異なります。基準分銅であれば、特級基準分銅の場合「3年」、等級に関わらずステンレス製・黄銅製の場合「5年」、鋳鉄製の場合「1年」などが定められています。

・JCSS分銅:
JCSSとは「Japan Calibration Service System」の略で、JCSS分銅とは、ISO/IEC 17025に基づき認定された校正事業者によって校正された、JCSSロゴマーク入り校正証明書のついた分銅です。

JCSSロゴマークは、国家標準とトレーサビリティがとれているという証であり、お客様はこの分銅を基準に、自社内で、ISO-9000シリーズやGMP、GLP等における国家標準とのトレーサビリティ体系を構築することができます。また、この分銅は国際MRA認定(国際相互承認)を受けている全ての国家において、同等な校正証明書として取り扱われます。

JCSSロゴ

恵藤計器は質量の分野で、2021年現在、千葉県で唯一の認定校正事業者となっています。分銅についてお知りになりたいことがあれば、何なりとお問い合わせください。

関連する提供サービス

計量器販売

計量器販売

国内外メーカーの様々なハカリ・分銅・おもりを取り扱っております。
創業70年を超える豊富な経験を活かし、お客様の使用目的にあった、最適な計量器をご提案します。

サポート

サポート

社内計量器・社内標準の管理に関するご不明点、計量の効率化に関するお悩みなど、ぜひご相談ください。弊社の計量器コンサルタントがアドバイスさしあげます。

目次
閉じる